会社を設立する場合、1から全て自分で行うのは非常に厳しいです。会社設立の手続きだけでなく、会社設立後の手続きや税務関係の処理、サポートを考えた場合、やはり税理士に依頼するのが賢明でしょう。ここでは、会社を設立する際の手続きについてご説明します。

まず、会社の名称や会社の目的、資本金などの会社概要を決めます。この場合、事業計画や資本金、財務や税務など、必要に応じて税理士が相談に乗ってくれます。次に定款作成や認証を受けます。会社の実印や必要書類、会社の目的や基本事項などの定款を作成し、認証手続きを行います。定款は公証人役場、法務局へ提出します。定款の提出の際、印紙代として4万円が必要になりますが、税理士に依頼すると電子定款での提出となるので、印紙代の4万円はかかりません。その他、出資金の払い込みを行います。払い込みは、発起人の口座に振り込みます。発起人が自分一人の場合は、自分の口座に振り込みます。振り込みの際は名前が印字されるように振り込み、振り込んだ事が記載されている通帳が、払い込みの証明となります。最後に、会社設立の登記申請を行います。会社設立の登記申請書という書類を法務局に提出し、審査を受けます。書類に不備などがなければ、無事完了です。申請の際は、定款や払い込み証明書を添付し、出資金の払い込みから2週間以内に行います。