会社を設立する際、当然費用はかかります。ここでは、会社を設立する際、税理士に依頼した場合にかかる費用についてご説明します。

まず、個人で手続きを行う場合ですがその場合、定款認証印紙代がかかります。個人の場合は用紙での提出となる為、印紙代として4万円かかります。しかし、税理士に依頼すると、データで認証手続きを行ってくれるので、費用は発生しません。データでの認証手続きですが、通常個人で行うと、電子証明やソフトウエアが必要となります。その為、印紙代の他に更に費用がかさみますので税理士などの専門家に依頼した方がかえって費用が掛かりません。次に、定款認証手数料です。定款認証手続き時にかかる手数料で5万円かかります。その他に、謄本の交付に約2千円かかります。次に登録免許税です。登録免許税は会社の種類や資本金の額によって異なります。最低でも15万円はかかります。そして、税理士手数料として、一般的に3万円から5万円かかります。更に、会社を設立する際、会社の登記に関しては、税理士では行えないので司法書士に依頼します。その場合、司法書士手数料が発生します。一般的にはこちらも3万円から5万円となります。です。

個人で手続きを行うと、税理士に依頼するよりかえって費用がかさみます。また、専門的な知識も要する為、個人で行うと時間もかかってしまいます。会社を設立する際は、設立後も手続きや、経営でのサポートを行ってもらう事から、最初から税理士に依頼する事をお勧めします。