税理士とは、税金に関するプロであります。税金には、所得税、法人税、固定資産税、消費税、事業税など、様々な種類があります。これらの税金を、私たちが円滑に納められるように手助けをしてくれるのが、税理士です。

税理士の仕事には、税理士にしか行えない税理士法上の業務が3つあります。1つ目が、納税者の代わりに税を納める納税代理です。自営業の人や年金生活の人は、確定申告をしなければなりません。しかし、税法は非常に複雑で、専門知識が無い私たちにはとても難しい作業なのです。そういう場合、税理士が代理で必要書類の作成や、申告を行っているくれるです。2つ目に、税務署などに提出する書類の作成を行います。主に、申告書、申請書、請求書、不服申し立てなどの書類を作成します。3つ目に、確定申告の際の税金の払いすぎや、不明点、相続税、贈与税など、税に関するあらゆる相談に乗り、的確な指示を出す税務相談です。その他にも税務調査、税務調査の立ち合いもします。また、企業経営や会社設立時のサポートも行います。一般的に企業は、顧問税理士を雇います。会計業務として、月次決算、年次決算、会計処理の指導を行います。その他、企業の成長、存続、発展の為の手助けやアドバイス、経営診断や企業のあらゆる相談に乗り、策を提案するなどの、経営コンサルティング業務も行っています。会社を設立する際にも、必要となる書類作成や、申告、相談に乗ります。

税理士は様々な税務への対応をします。税務関係で不安に思っている事、わからない事があればすぐ相談しましょう。